夫たちの心情

離婚問題や、家庭内別居においては、妻の苦労や負担がクローズアップされがちですが、一方で夫もまた傷ついていることは珍しくありません。離婚や別居は家族が正常でないということですので、当然の事ですがストレスがかかります。
                                               mama01_m                         

夫に対して、妻がこういった話をする時、理屈ではなく、感情的な話しの進め方をすることが多いかもしれません。実際女性は、男性に比べると感性が豊かですので、感情論を振りかざすことは珍しくありませんが、男性の多くは感性に頼るよりも、理屈っぽくなりがちです。そのため、感情的に怒られても納得出来ないケースは珍しくありません。怒られている時には、何故怒られているかが分からず、後で落ち着いてから聞いて納得するような事も多々あります。
確かに、妻は妻で家事や育児に追われていて、周囲の人間関係も気を使わなければならないため大変かもしれません。しかし、それは夫にも言えることです。仕事を朝から晩までこなし、その中で上司や取引先の相手と様々な話をしつつ、同僚にもある程度気を使わなければならないわけですから、ストレスは同じように溜まっています。その中で論理的でない事で怒られていたり、イライラをぶつけられていると感じるとどうしても夫側の怒りも増幅してしまいます。
互いの特徴を理解する事、そして、いきなり怒るのではなく、冷静に話し合うことに取り組む事で双方が余計なストレスを抱えずに済みます。家庭内別居や離婚にならないためにも互いの不平不満を上手く言い合える関係を形成することが大切といえるでしょう。

Comments are closed.